So-net無料ブログ作成

WHOが発表!ハム、ソーセージに発がん性!原因は? [健康と未来]

ハム、ソーセージ、ベーコンに発がん性!WHOが発表!

so-se-ji-ffs.jpg

ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉を食べ続けると癌になる?
世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)が発表!
ハム、ソーセージ、ベーコンなどに高い発がん性が認められ、
大腸がんを発症するリスクがあるとの調査報告を発表しました。

加工肉の発がん性を最高レベルの「グループ1」に
IARCは5段階に発がん率を評価していて、加工肉の発がん性を、
タバコ、アスベストと同じ最高レベルの「グループ1」に分類したとのことです。
また赤み肉の発がん性は「グループ2A」の2番目に
がん発症率が18パーセント上がる
ハムやベーコン等の加工肉を一日50グラム以上、毎日食べ続けると、
がんの発症率が18%も上がるとしています。

またステーキなどの赤身の肉にも発がん性があると指摘しています。

sutki1-ffs.jpg

WHO、IARCは詳しく調べた結果と
IARC(国際がん研究機関)の研究者が800件に及ぶ世界で発表された研究論文を
分析し詳しく調べた結果、
「加工肉の摂取が大腸がんを引き起こすことを示す十分な証拠が得られた」
とのことを欧米メディアが報道しています。

また、この調査報告は10月26日、がんに関する専門医学誌「ランセット・オンコロジー」の
電子版に掲載されたとのことです。

対象になる加工肉食品は
ハム、ソーセージ、ベーコンのほかコンビーフ、ビーフジャーキーなども含まれ
肉の塩漬けや発酵、薫製などの幅広い加工肉が対象になっています。

赤身肉は「グループ2a」に
IARCはステーキなどの赤身肉については、2番目にレベルの高い「グループ2a」に分類。
「大腸がんのほかに、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの因果関係を示す証拠がある」
と指摘していて、周に500グラム以上食べないようにと警告しているとのことです。

大腸がんの原因は?
以前からよく言われてきたがんの原因は「遺伝」でしたが、
最近では「生活習慣」が大きな原因であると主張する医師は多くいます。
中でも「食生活」が大きな原因とされています。
日本では、特に明治はいってから肉を食べる習慣が増えてきました。
加工肉に限らず、「魚以外の動物を食べることそのもの」が、
がんの原因になると、多くのがん専門医が主張しています。


世界の、がんの死亡者数とその原因、
加工肉の過剰摂取が原因のがんの死亡者数は年約:3万4000人。
喫煙を原因とするがんの死亡者数は年約:100万人。
アルコール摂取を原因とするがんの死亡者数は年約:60万人。
大気汚染を原因とするがんの死亡者数は年約:20万人。
と、比べると比較的に少ないとのデータも示しました。

アメリカでは猛反発!
加工肉の大量消費国のアメリカの食肉業界団体は
「信憑(しんぴょう)性に欠ける」と猛反発猛反発しています。
アメリカならず日本でも食肉業界には、大きな波紋がなげかけられたのではないでしょうか。

食生活を根本から見直す時が来ているのかもしれません。
食がテーマのミラノ万博で日本館は金賞を受賞しました。世界でも日本食は注目されています。

本来の日本食は豆腐や納豆など優れた健康食品そのものです。
本当に美味しいものは何?と自分自身に問いかけながら、
もう一度、目の前の食生活をよく見直してみる時が来たのかもしれません。



WHOとは: World Health Organization 世界保健機関

IARCとは:International Agency for Research on Cancer 国際がん研究機関。WHOの外部組織







スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。